(全損)とは名称の通り自動車のすべてが壊れてしまった場合、つまり走ることが出来ないように移動手段の車として任務を果たせなくなった状態で用いられますが、保険においての《全損》は多少なりとも違った意味があります。

自動車の保険においては車が損害を受けた状況で【全損と分損】というように2つの状態区分され、分損は修復のお金が補償金でおさまる場面を言い、逆に〈全損〉とは修復のお金が補償額を超える状況を表します。

通常では、車の修理で全損という状況では車の最重要のエンジンに修復できない被害があったり、乗用車の骨組みがねじれてしまって元に戻すことが不可能な場合、リサイクルか廃車と決められるのが当たり前です。

けれど、乗用車の事故が起こって販売会社や自動車の保険屋さんがこのような修理のお金を見積もった状態で、見た目がちゃんとしていて修理が可能な場合でも修理のお金が補償額よりも大きかったら何のために自動車の任意保険に加盟しているのか分からなくなります。

こういうときには全損と判定してマイカーの権利を保険会社へ渡して保険額を支払ってもらう事になっています。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

当たり前の事ながらかなりの時間所持した自動車で愛情があり、自分で直して運転したいと希望する車の所持者たくさん存在するので事態にて保険屋さんと意見交換するといいかもしれません。

また、乗用車の保険の種類によってはこういう場合のために車両全損時諸費用補償特約など【全損】の時のために特約ついている場合がいっぱりあり、不幸にも自動車が『全損』なっても新しく車を買うの経費を一部分払ってくれるサービスも実在したりします。

尚盗まれた時の保険金の特約をつけている場合盗難被害にあった自動車が見つけることができないケースでも《全損》となり、保険金が払われる決まりになっているのです。