ローンした場合、返済をする時には利子分を含めての払いになるのは誰もが知っていると思います。

銀行又は金融機関は利益を目当てとした会社なのですから必然です。

とは言っても支払う方は、1円でも少なく払いたいと思うのが本当の気持ちでしょう。

利息制限法が実行される前は30%近い利率を支払わされてましたが、定められてからは高くても年率18%位ととっても低く定められていますので、とってもリーズナブルになった気がします。

最近の融資の利子の範囲は4%位から18%位の枠が設けられていて、使用可能額により決められます。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

使用可能額は申込み本人の信用によって左右されます。

総量制限により収入の1/3までと定められていますので、年収がどの程度なのか?どんな職業についているのか?キャッシングカードの使用状況はどうなのか?もろもろ審査され与信額としてカードの内容が決まります。

カードを使ったローンの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各会社で使用可能額は違います)と広い範囲があります。

そしてその範囲の中で定めた利用可能金額により利息も決まってしまいます。

要するに査定が良ければ、与信金額も多くなり、金利も下がるというわけです。

この事実に疑問を感じるのは僕だけでしょうか?銀行又は金融機関にとって、それらは当然のはずですが、一年の収入の高い人がキャッシングローンができないと困るとは考えずらいですし、万一キャッシングサービスを利用したケースでも金利が良かろうが悪かろうがお金の返済に困る事はないはずです。

反って年の収入悪い人は即座にお金が必要なので借り入れを行うという方が大半です。

金利が悪いとお金の返済に追い込まれるようになるはずです。

なので可能範囲の小さい人こそ低金利で使用できるようにするべきなのではないでしょうか。

これらは利用するサイド側としての意見ではあります。

この事実を念頭に置くと、金利を低くする為にはどのようにすれば良いのかぼんやりと気付いたでしょう。

実際、これから記述方法で、申請する人が多いので紹介しますと、カードローンの申し込みをする場合、年収の1/3ぎりぎりいっぱいで申込みをするのです。

年収600万円なら200万円。

年収900万円なら300万円でカード審査で申し込んだMAXの金額が通ればそれだけ金利が低いキャッシングできるカードを持つことができるはずです。

とは言っても全額キャッシングしなければいけないという事はありません。

5万円でも30万円でも必要な金額だけ使用可能です。

そのうえ上限利用枠が300万円で最低金利年7%位のローン会社も存在しますので、その金融会社に手続きを申し込めばその企業の最低利息で受ける事ができます。

どうですか?やり方を変えるだけで低利息のキャッシングできるカードを持参することが出来るはずです。

自らの一年の収入とカード会社の金利を比べて、考える事に時間を費やせば、より満足できる状況でキャッシングできるはずなので、面倒だと思わず調べるようにしてください。